出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

警察官を辞めたい〜実行に移すまで

私は警察官を辞めたわけですが 辞めるに当たって私がやった事は大きく分けて3つ

1 上司に辞職の意思を申し出ること

2 今までお世話になった方にお礼の連絡を入れること 

3 仲の良い同期に報告すること

です

 

1番身近な上司への報告は なかなか勇気が要りました

後には引けなくなりますし 私みたいな役立たずでも 人数ではひとりとして数えられます

私が抜けると人が足りなくなる仕事も出てくることはわかっていました

なので報告の前は 迷惑をかけることをこれから始める事に対して どのタイミングで言いだすのが一番スムーズかと悩んで悩んで悩みました

しかし そんないいタイミングはないのです

言い出さないままいると 私を育てようとしてくださる方が沢山の仕事を教えてくださいます

講習にも推薦してくださいます

辞めたいと思いながらそんな前向きな事に取り組むのがとても辛く そして何よりもったいないと思いました

私が行く事でひとつ枠が埋まります

もっとやりたいと思う人がいるのに 辞めたい私が行くなんて申し訳なさすぎる

そう思うようになって 決心がつき上司に報告しました

 

今までお世話になった方への連絡は ある程度自分の中で辞める目処がついてから報告しました

なぜなら ぶれないように

意思は固かったのですが 今まで相談に乗ってくださった方や 私が辛いときに気にかけ応援してくださった方は 私の言葉をしっかりと聞いてくださいます

そんな方々に不義理な事をするという気持ちが常にありました

もしあと少し頑張ってみたらどうか と言われると言われるがままもう少しもう少しときりがなくなりそうでした

なので ある程度予定を自分の中で決めて 事後報告にしたのです

 

最後の同期への報告もほぼ決めてからの報告です

私の中では軽く伝えて終わろうと思っていたのですが すごく真剣に話を聞いてくれました

ほぼ辞めることは決めていてそれも伝えたのに

この人には相談しておいた方がいいとアドバイスをくれたり

自分の話をしてくれたり

私の性格を分かって頭ごなしに止めるのではなく しっかりと話を聞いてくれました

直接話したのに 電話でも話をしました

本当にいい仲間に出会えたと実感できました

でも この同期への報告で私の心は決まりました

お世話になった方へ報告するとぶれるかも知れないと思っていた気持ちも完全に固まりました

 

そうと決まれば 辞める話は私が進めるだけです

全く引きとめない人もいましたが 引きとめてくださる方もいました

なので 私が上司は申し出てからかなりの時間がたっていたのです

このままだと また辞めるタイミングを逃してしまう

もう時期なんて言っていら段階ではないので 最後は強引に進めたのです