出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

警察学校での楽しい日々 その2

前回の続きです

警察学校の記憶は何年経っても 思い出そうと思えば直ぐに蘇るものですね

きっと それだけ濃い時間だったのだと思います

 

  • 実践的な授業も多い

       座学や走るばかりのイメージかもしれませんが 実践的な授業も多いです

       職質のシュミレーションをしたり 交通切符を切る練習 無線を使う練習 鑑識活動 などなど 現場で必要な事を実際に行いながら勉強します

       自分が警察官という職業に就いたと実感でき 面白いです

  • 制服で生活をする

       警察官といえば 制服!

       警察学校の生活は基本的には制服です

       やはり警察官に憧れていた者からすると 制服は凄くカッコよく 袖を通す瞬間はいろいろな気持ちが入り混じります

  • 入学式で家族に制服姿をお披露目できる

       入学式で 初めて家族に自分の制服姿を見てもらえます

       毎日指導を受けてばかりですが この時ばかりは 少し成長した姿を見せられて 誇らしくなります

  • イベントがある

       警察学校にも 体育大会などのイベントがあります

       もちろん これまでに経験したものとは一味違いますが 日頃のトレーニングの成果を発揮する絶好のチャンス

       そして 学級の団結力が試される瞬間でもあります

       学級それぞれのカラーが出て ワイワイ頑張る学級もあれば ミスは許されない雰囲気を醸し出している学級もあります

       どの学級にも言える事は どの学級も 本気中の本気ということ!

       それまでに過ごしてきた仲間なのでどんな雰囲気であっても 自分自身 その雰囲気に馴染んでいると思うので 心配は要りません

       とても楽しいイベントです

  • 教官の実体験がリアル

       授業の先生は教官です

       教官も警察学校の先生になるまでは現場でバリバリ活躍されていたので そのリアルな話が面白いです

       教科書だけの授業では あまり想像できないようなことも 教官の実体験が混ざると一気に現実的になり こんな場面のときは私なら何ができるか 何をしなければならないのか と考えざるを得ません

 

 

座学も体力づくりも 全ては警察官になるため!

リアルな話を聞いてモチベーションをアップさせて また 勉強やトレーニングに励むのです!!