出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

警察学校での楽しい日々 その1

警察官採用試験の最終合格発表

自分の番号を見つけた瞬間

キャーーー!!!

と飛び跳ね喜びました

なかなか信じられませんでしたが やっと夢に向けてスタートラインに立てた とやる気がみなぎっていました

 

ですが 身内にも知人にも警察官がいなかった私は

これから私が警察官としてやっていけるのか

どんな事が待ち受けているのか

直ぐに不安が押し寄せました

不安になると決まってネットで調べました

私は

どんな仕事があるのか

警察学校はどんな生活なのか

それが知りたいだけなのに もっともっとと調べるうちに辛い情報ばかり目につく…

どんどん不安は押し寄せます

そして辛い情報に押しつぶされそうになって開き直って吹っ切れる

しかも 採用されてから入校まで日にちもあるので この心の波が何度もやってきます

因みに私は警察官が分からなすぎて 本を読んだりもしました 笑

警察裏物語

中古価格
¥1から
(2019/5/26 20:17時点)

 

続・警察裏物語-27万人の巨大組織、警察のお仕事と素顔の警察官たち

新品価格
¥7,338から
(2019/5/26 20:11時点)

交番のお巡りさんの日常が書かれた本も読んだ記憶があります

今思えば 本当に気持ちを紛らわせたかったのだと思います 笑

 

警察官を辞めて 月日が経ちだんだんと記憶が薄れていく中で 私が経験したことを残したいと思って始めたこのブログも 気がつけば辛いことがほとんど…

思い出は強烈なものほど思い出しやすいので 笑

でも 間違いなく 楽しい事もたくさん待っています

私が採用された頃とは色々変わっているかもしれませんが 今日は1番最初に行く場所 警察学校での思い出を書こうと思います

 

 

警察学校には警察学校に行かなければ過ごせない日常があります

とてもとても貴重な数ヶ月です

 

少し見にくいかもしれませんが 思いつくままに書いていきます!

  • 毎日限界の向こう側を見られる

       これに関しては 何をするにしてもです

       普段の生活 勉強 体力作り 精神的にも 全部全部 今までの限界を超えられると思います 

       教官や助教が追い込んで下さいますし テレビや携帯などの邪魔なものもないので 環境が整っています

       1人だと限界がくると辞めてしまいがちですが みんな一緒です

       周りで楽をしている人は居ません(要領のいい子はいますが…)

       要領が悪くても 必ず見捨てずに応援してくれる仲間が居ます

  • 携帯がない生活

       普段の生活で 携帯が使えないことは まずないと思うので 誰かから連絡が来たら返さないとと気になりますが 警察学校に入っていると返したくても手元にないので気にする必要がありません

       何も気にせず着信スルー!!

       今の時代 こんな環境はかなりレアだと思います

  • 毎日全力以上の大声が出せる

       普段大声を出せと言われても なかなか声が枯れるほど出す事は少ないのではないでしょうか

       カラオケや喋りっぱなしなどではなく 周りを気にせず大声です

       私は声が枯れておじさんみたいになったのは警察学校が初めてでした

  • 普通に生活していると仲良くならなかったであろう子と仲間になる

       学生時代は大抵 仲良しグループで行動すると思います

       私は警察学校では 友達という感覚は全くなかったです

       仲良しなだけじゃない

       もし 普通に学生として出会っていたら こんなにも深く付き合わなかったであろう子と 深い付き合いになることができます

       学級の中では割と気があう子と動く事もありますが 私の場合 寮では違いました

       警察官になりたい女性は 負けず嫌いで 気が強い子が多い気がします

       喧嘩になる事もしょっちゅうありますが 話し合いをする時間があるのが今までと違うところ

       寮で生活しているので顔を合わさずにはいられません

       一緒に生活するのにずっと喧嘩中だなんて 周りも耐えられないので なんとかします

       気が強いもの通しぶつかると面倒なこともありますが 私はそういう場面は自分が成長できるチャンスだと思っていました

       逃げられない状況で解決する策や 自分のストレスをどう和らげるか

       周りの空気が悪くなっている時 解決のために どうすれば力になれるのか

       当時は辛くても 今振り返ればいい経験です

  • 年齢の壁はなくなる

       年齢は10個以上離れている同期もいます

       敬語を使ったり 気を使ったり そういう事はなくはないですが 私は上下関係は感じませんでした

       人生経験が長いので 尊敬する部分はとても多いですが ほぼほぼふざけあって生活していました

 

 

 

やはり 楽しいことも 苦しさの向こう側にあることが多いので 紙一重ですね 笑

楽しいだけなんて つまらないです!

警察学校は 苦しい分楽しいといった感じですね!!

今思えば貴重で楽しい日々でした

 

思い出はまだまだ続きます ♪