出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

身長のギャップ

私が警察官採用試験を受けた時は 男女共今よりもかなり身長制限が高めでした

私は学生時代 身長順に並ぶといつも真ん中あたりにいました

その私と同じくらいの男性警察官の先輩がいらっしゃったので 他が出来ていれば 身長制限に満たなくても優遇される部分もあったのかも知れません

 

今ではかなり小さめの可愛い女性警察官も増えて 頑張っています

身長が低いと警察学校の駆け足1つをとってもかなり大変だと思います

男性の高身長の子と一緒に足並みを揃えて走るわけですから

身長や 男女で区別はしてもらえません

何もかもみんな平等

同じ事を行います

なので小さい子は体力も人一倍必要になりますよね

 

私は先程お話しした通り 警察学校に入るまでは 平均的な身長だと思っていました

小さいと思ったこともなかったのです

でも 警察学校に入ると 学級の中で1番身長が低 くなりました

1番小さいとやる事もみんなと違ったり増えたりする事があります

みんなで整列をした時など

どう並ぶかを最後の列で合わせたり

綺麗に並べているかチェックしたり…

 

そんな日々を送る中で 私はどんどん もっと身長が高くなりたいと 思うようになりました

同期と飲みに行ってもみんな背が高く感じ

休みの日はせめてちょっとだけでもと ハイヒールを履くようになったくらいです

学校を卒業すると だんだんとおさまっていったのですが 笑

 

 

だがしかし!!!

今日 身長が若干必要な仕事があったのですが 職場で上司が私をみて

身長高いから…

とぼそぼそっと言ったのです!!

身長に若干のコンプレックスができていたので ほんっとに嬉しくて

えっ!

今なんて言った?!

もう一回!!

と心の中でニヤニヤしていました

 

 

 

 

 

 

 

……今日はそれが言いたかっただけです

…それだけの話です 笑