出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

仕事に対するやる気

警察官は 警察学校の時に理不尽なほど 積極的に性格を変えられます

 

 

警察学校では

 

やりたくなくても返事は

はい or イエス

 

やる気がない奴はやめてしまえー!!

です

 

 

 

この癖は警察学校を卒業すると少しずつ薄まりますが

それでもやはり 積極的に動かなければなりません

これやってみるか?

君は何がしたいの?

こういった場面で

ん〜

とか言ってモジモジしていると やりたい事がないと思われて 行きたい部署に行けません

自分がやりたい事をアピールしなければ いつまでたってもできないからです

 

なので 警察官を辞めてから 別の仕事をした時に

これやってくれる人?

とか言われて誰も動かずみんながモジモジしているとすごくヒヤヒヤします

私もそんなに積極的に前に出て行く方ではないので どうしようか迷うのですが…笑

 

ある日 グループで仕事をしている時に上司から

この中で1番やる気があるのは誰だ?

グループの中でやる気だけは負けないって人?

と話しかけられました

グループのみんなはモジモジ

ついつい はい!と言ってしまいました 笑

好きなことをやるために集められたグループですよ!

やる気があって当たり前の状況ですよ!

やる気がないなら辞めてしまえって思われたくないじゃないですか

かなりの未熟者ですがやる気はありますから!!

 

 

この出来事は警察官を辞めてからあまり間がない頃のことですが この感覚は忘れたくないと思って今に至ります

やる気があるかを聞かれて あると即答できる人のままでいたいです