出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

警察官の階級

警察官は階級社会です

 

順番は下から順に

巡査

巡査長

警部補

警部

警視

警視正

警視長

警視監

警視総監

です

ノンキャリアがなれるのは警視正までだと思います

出来過ぎる人は…警視長になれるのかな?

聞いたことはありませんが 署長は 警視正までなので その上の階級の方々はよくわかりません!

雲の上の人です!

因みにキャリアは警部補からのスタートです!

ノンキャリアは地方公務員ですがキャリアは国家公務員ですからね

そもそもが違っていて 何もかも違います

その話はまた今度

 

階級別にこんな感じ

巡査

みんな ここからのスタートです

警察学校に入ると「〇〇巡査です!」とかしこまって言っていました

巡査長

これは 頑張って勤務していたらなれます

巡査部長

ここから上は試験に合格しないとなれません

退職までこの階級の方も珍しくないです

警部補

警部

警視

ここから上は署長や副署長などの階級です

警視正

ノンキャリアは大抵ここまで

 

ここから先は関わることがなさすぎてよくわかりません

雲の上の人たちです!

 

ざっくりこんな感じですが 仕事の内容を 書いていいのかわからないので この辺にしておきます

階級が上がると作れる書類が増えたり 現場での判断をしなければいけなくなったり 仕事の幅がかなり変わってきます

テレビドラマやアニメの登場人物の階級を見てみると面白いですよ

実際とは違うところも多いですが 笑

テレビより実際の方が 年齢層が高いです

 

階級は 警察官の制服に付いている階級章や帽子のラインを見ればわかります

それを知っている方から階級章だけで分からないと決めつけられて

お前じゃだめだ 上司を呼べ

と言われたこともあります

階級が下でも責任を持って仕事してますし わかることだって沢山あるんです!!

バカにするなよ!!

 

警察官になった時 尊敬する方から言われたことがあります

階級で人を見てはいけない

階級を上げていなくても できる人は沢山いる

逆に階級を上げていても 尊敬できない人もいるだろう

そういう人には階級章に頭を下げていると思っていれば良い

その人だって 努力をしてその階級になっていることには違いはないのだから

これはどの会社でも 言えることだと思います

どの会社にも 何か気にくわない上司はいるはずです

その人にではなく その役職に対してだったら頭を下げられる気がします

 

要するに

階級だけが全てではないということ!