出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

警察官 飲み会 職場編

警察官には移動がつきものです

一般のサラリーマンの方も同じだと思いますが 異動のたびに

送別会

歓迎会

そして班ごとで親睦を深めに飲みに行き

仲間が昇任すると たとえその方が異動して 別の署に行っていてもお祝いで飲みに行ったりもします

 

お酒の席のルールは大学に行ってサークル等に入ると そこで教わると聞いたこともありますが

高卒組は警察学校の時点てはまだ未成年なので 教官に教わりました

気にしない人達もいるが そういったことを見ている人も少なくない

仕事ができなくても可愛がってもらえるように

 

・開始時間の◯分前には行っておき 店の前でお出迎えをする

・ビール瓶はぬるくならないようにしっかりもたない

・注ぐ時は銘柄が見えるように

・最後は全員が出るのを待って座布団の下まで忘れ物チェック

などなどあり機動隊に入ると更にルールも増えるようです

 

始めに言っておくと私は正直飲み会は嫌いでした

慕ってもいない人と 好きでもないお酒を飲むために時間を割かれ

非番日なんて24時間以上家にも帰らず 体はヘトヘト

家でお風呂に入ってゆっくり寝たいですよ!!

なのに 気を遣って 話し下手だから上手く話せずヘラヘラしてる自分も嫌い

 

ですが良いこともあったのでそっちを書いていきます!

もちろん上司との飲み会は気を遣いますが それ以上にとても勉強にもなります

想像もできないような現場をふまれているので 話を聞いているだけでワクワクすることもあります

こういう時お前ならどうするか

と急に問われる事もあります

これを鬱陶しいと捉えるか 勉強と捉えるか

お酒が入ると過去の栄光をとても自慢げに話す方もいますが

それも 確かに内容はすごいので くどくてもそれだけ胸を張れる仕事をされたということは尊敬以外のなにものでもありません

自分を振り返って後輩たちに胸を張れることはあるか

誰でもが経験できないような現場に行ったことはあります

ですが 行っただけ

見ただけ

その場にいて流れに身をまかせるなんて誰でもできます

飲み会では お酒ばかり飲んで口ばかりの人もいますがそんな人の話は聞き流して(笑)

胸を張って話している上司を見られる 話を聞ける 貴重な機会だと思います

そして 普段

私は何をしてるんだろう

このままでいいのかな

と思う事があっても 年齢の近い先輩方の普段は聞けない志みたいなものを聞いて

カッコいい!!と憧れたり

普段気軽に雑談をしにくい幹部の方の話を聞いて

こんな方について行きたい

こんな風に周りから思われたい

と将来の目標を持ったり エネルギーに変わることも沢山あります

 

最近は何かあればすぐにハラスメントと言われ

飲み会に誘ってもらいにくい

指導してもらいにくい

男性もそうかもしれませんが

男性社会で私は腫れ物扱いだと感じたこともありました

私はハラスメントにあったことがないだけかもしれませんが この言葉は時に邪魔になることもありました

必要があれば厳しく指導すべきだと思いますし

異動の時にハグでエールを送ってくださった先輩方も大好きです

飲み会ではお酒の力で男女関係なく 距離が縮まる事も事実でした

 

先輩や上司からの飲み会の誘いを断っている方 行ってみると思わぬ発見があるかもしれませんよ!