出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

交通事故(よくある事故なのに)

 

私は交通事故が起これば お互いで示談が出来そうでも警察に交通事故があったと届け出た方がいいと思います

 

というのも 交通事故は 当事者の気持ち次第で内容が変わるというところも少なからずあると思うからです

 

 

物損事故(怪我人なし)の届け出を受け 私は現場臨場しました

お互いから話を聞くと 軽い追突事故のようでした

ただ 当事者の態度が少し良くなかったのです

追突した側が 明るく笑顔で状況説明をし 反省が感じられなかった

警察官として臨場していた私ですら少し違和感がありましたが 事故の原因などを両当事者に話したり注意したりすると しっかりと聞いているので それ以上は私が出しゃばる事もないと思いそれ以上の事は言いませんでした

 

ですが やはり追突された側は そんな態度では腹が立つのもわかります

物損事故として受理し終わり お互い連絡先を交換してもらっている時に

なんだ!その態度は!

反省しているのか!

と怒り出し 首が痛くなっているから 人身事故(病院に行く)に切り替えると言い出したのです

首が痛い気もしていたが 人身事故になると相手も可哀想だし 病院に行くほどではないので 何も言わずに 物損事故にしてあげようと思ったのに 追突した側がヘラヘラした態度なら許さない!ということでした

追突した側は その途端態度を一変させ 涙を浮かべながら 反省しています と平謝り

私も初めからそうしておけば良いのにと思いながら 自業自得なので 2人を見守りました

 

 

このようなことは 全く珍しくはなく この時は追突した側の落ち度がありましたが 全く落ち度がなくても 後になって色々と言われることもあります

なので 事故が起きたらできるだけ現場近くの安全な場所に車を寄せて 両当事者がいる間に 警察に電話を掛け来てもらうのがいいと思います