出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

交番のお巡りさんのジンクス

 

今回はお巡りさんのジンクスについてのお話

 

私が交番で勤務している時 晩御飯はみんなで同じお店で注文をしていました

 

メモ帳を持って

今日はどこにしますか

どれにしますか

といった感じで1人ずつ聞いていきます

 

この時にジンクスが登場します

 

あるあるは

〇〇のカレーを頼むと荒れる

というもの

 

気のせいでしょ

と思われるかもしれませんが

代々言い伝えられてきたこのジンクスはおそろしいです

 

頼むとそこそこ濃い内容の110番が入るのです

そして 私達はやっぱりカレーはダメだなと再認識して

二度と頼むかと心に誓うのです

 

また

麺類も危険です

こういうの頼むと110番入るんだよなー

とは言いながらも食べたい時あるじゃないですか

 

やっぱりだめでした

徹夜で朝方交番に戻った時には

うどんがぶよぶよになって

どんぶりいっぱいに膨れていました

 

こういう事は珍しくないので 警察官はジンクスを大事にする人が少なくない気がします