出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

警察官になったと実感できた瞬間

 

私が警察官になって初めて 実感が湧いた瞬間のお話をしようと思います

 

結果から言うと 制服に袖を通したときです

 

警察官になると まず警察学校に入るのですが その瞬間から 別世界になります

今まで経験したことの無い…色々

 

何もかもが普通では無いんです

必死で生活するんです

 

その中でも 制服を着たそのときの気持ちは 警察官を辞めた今でも覚えています

警察官の職に就く実感がわき 緊張と責任感みたいな正義感みたいな……

わくわくでも無いですが キラキラした気持ちでした

これからどんな苦労があっても乗り切っていくぞ!

立派な警察官になって 1人でも多くの人の役にたつぞ!

と すごく前向きに 警察官という仕事に希望を持っていました

 

そのときを思うと 辞めてしまってごめんねと 昔の自分に謝りたくなりますが 私は今でも自分の夢を叶えるために行動しています

あのときやっておけば良かったという後悔だけは無いようにこれからも全力で努力できる人間でありたいです