出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

警察学校の試験勉強

警察学校には試験があります

中学校や高校の時のような感覚です

少し違うところは 試験内容が法律などになるのでほぼ暗記

量がえげつないです

点数が悪かった時にはレポートもあり それが一番怖いのです

 

試験内容は

法律関係

剣道や柔道の武道

逮捕術

など 何日もかけて行います

 

 

試験前の1.2週間は本当にみんな寝る間を惜しんで四六時中勉強をしています

教場が夜も使えるようになったり 消灯時間が延びたり いつもとは違う環境にもなります

そして 廊下や寮をブツブツ言いながら徘徊する人が現れるのです

夜中も 休み時間も ブツブツ ブツブツ…

かなりカオスです

 

でも みんなが必死で頑張るのは この後のレポートが大変過ぎるからというのも一つの理由

レポートには期限があるのですが 人間が到底できるような量ではない…

それこそ必死です

こればっかりは授業の時間以外は全部レポートに捧げ 寝ずに手が動かなっても書き続けて書き続けて書き続ける

テストが終わると また授業も始まるので 座学もありますし1時間盾を持って走ったりもします

寝ていないと体が持ちません

でも レポートはそんなの御構い無し

みんなに励まされながらこなします

ほとんどの子は必死で終わらすのですが 点数が悪い教科が複数あった場合は量もその分増えるので 終わるはずがありません

多少の優遇はしてもらえますが 多少です

ほんのほんの一部ではありますがレポートが出来なくて辞めていった仲間もいます

 

こんな形で仲間が辞めてしまうのは同期もみんな辛いのです

 

だから 座学の試験であっても学級がかなり団結します

それぞれ授業のまとめノートを作ってコピーし合ったり 独自で小テストをしたり 強制では無いはずなのに 課外時間に教場に学級全員を集めてみんなで勉強したり

試験勉強の話は卒業後も 同期会をすれば話題に上がるほどです

 

今思えば いい思い出です

 

今は直ぐにパワハラとか言われて厳しい環境が減ってきていますが 厳しいからこそ

ずっと笑える思い出ができたり

一生付き合っていける仲間ができたり

すると思います

警察学校では上辺だけでは乗り越えられないことがすごくたくさんありますし 理不尽の連続です

でも この経験が自分の支えになる時が必ず何度もきます

警察官を辞めた今でも 警察学校での経験は間違いなく私の力になっています

何をやってもうまくいかない…涙

最近 何をやってもうまくいかないことが続いていて 抜け出せません 涙

 

もし どこかに 最近不運続きだと感じている方が居られましたら 

ここにも仲間がいますよー!!

 

 

 

それは かれこれ2ヶ月前くらいから始まりました

 

部屋の一部が壊れたり

修理がそんなに大した事じゃないのに

業者さんは何回も何回も打ち合わせした挙句 忘れていたり

ネットで家具を頼んだら 部品の不良品か混ざっていて完成しなかったり

仕事場にスムーズに行けずに遅れてしまったり

書類上の計算を間違ってしまったり

なんだかなぁ

 

 

後半は自分のミスでもあるのですが…

今までは 不運とも思わず ひとつひとつは たまたまだと思って 気にせずに切り替えていましたが ちょっと酷い…

 

ついているときは この中の1つが起こっても 何も思わないのに 重なるとストレスになるのは何故だろう…

 

勉強になった 

大したことではない

と思えていたことが 引っかかり始めるのはいつ頃からなのだろう…

 

 

 そして ちょっとずつちょっとずつたまったストレスは とうとう仕事にも影響がでて 頭の中がいっぱいで

私は結構失敗を引きずる方なので 負の連鎖が始まったのです…

 

 

いつものようにぼーっと テレビを見ていると 大坂なおみさんの気持ちの切り替え方法が紹介されていました

大事なところでポイントを取られてしまった時に

悲しい顔になりかける大坂さんは

眉間によりそうなシワを手で伸ばしたり への字に曲がった口をニコッとして笑顔を作ったり

 

その後に結果が出せるのがプロですよね

 

私は頑張って切り替えた直後に 失敗すると 倍は凹んで立ち直れなくなります

 

でも また始まる明日を幸せにするために 私も無理にでも笑顔を作って頑張ろうと思います!!

身長のギャップ

私が警察官採用試験を受けた時は 男女共今よりもかなり身長制限が高めでした

私は学生時代 身長順に並ぶといつも真ん中あたりにいました

その私と同じくらいの男性警察官の先輩がいらっしゃったので 他が出来ていれば 身長制限に満たなくても優遇される部分もあったのかも知れません

 

今ではかなり小さめの可愛い女性警察官も増えて 頑張っています

身長が低いと警察学校の駆け足1つをとってもかなり大変だと思います

男性の高身長の子と一緒に足並みを揃えて走るわけですから

身長や 男女で区別はしてもらえません

何もかもみんな平等

同じ事を行います

なので小さい子は体力も人一倍必要になりますよね

 

私は先程お話しした通り 警察学校に入るまでは 平均的な身長だと思っていました

小さいと思ったこともなかったのです

でも 警察学校に入ると 学級の中で1番身長が低 くなりました

1番小さいとやる事もみんなと違ったり増えたりする事があります

みんなで整列をした時など

どう並ぶかを最後の列で合わせたり

綺麗に並べているかチェックしたり…

 

そんな日々を送る中で 私はどんどん もっと身長が高くなりたいと 思うようになりました

同期と飲みに行ってもみんな背が高く感じ

休みの日はせめてちょっとだけでもと ハイヒールを履くようになったくらいです

学校を卒業すると だんだんとおさまっていったのですが 笑

 

 

だがしかし!!!

今日 身長が若干必要な仕事があったのですが 職場で上司が私をみて

身長高いから…

とぼそぼそっと言ったのです!!

身長に若干のコンプレックスができていたので ほんっとに嬉しくて

えっ!

今なんて言った?!

もう一回!!

と心の中でニヤニヤしていました

 

 

 

 

 

 

 

……今日はそれが言いたかっただけです

…それだけの話です 笑

警察官を辞めて 違う仕事をしてみて

私は警察官という狭い世界しか知りませんでした

でも その世界は 私にとってはとても厳しい世界で 当時は必死で周りが全く見えておらず その世界が全てでした

そして 辞めた時

これだけの経験をしてきたのだから どんな仕事でもできると思いました

 

 

私が何でもできると思えた理由は

仕事面

被疑者はもちろん 時には一般の方からも 訳も分からない罵声を浴びせられる事も珍しくありませんでした

上司からも理不尽に怒られたり どれだけ必死で頑張っても評価されないばかりか マイナスの評価をつけられた事もありました 

こういった理不尽が無くても 毎日出勤するだけで 刺激だらけの現場です

勉強面

仕事をする上で必要なことを日々勉強しなければなりません

法律マニアみたいな方もいらっしゃるので…

警察学校の試験前には 寝ずに四六時中勉強をしました

この勉強が本当に気が狂いそうなくらい大変でした 笑

 

 

警察官の仕事は 異動がつきものなので その異動で それまでにやったことのない仕事をすることになった時 全く0からのスタートになります

私は仕事に慣れるまでに少し時間がかかる方なので 慣れてやっとできるようになったと思った頃には異動です

しかも 法律や 作成書類は年々変わっていくので 元いた場所に戻れた時には色々変わっていて 覚え直すということも少なくありません

それもまた 私の悩みの1つでした

 

 

毎日毎日苦手な事ばかりしていると

自分は何もできない

覚えが悪い

とろい

人付き合いも苦手

と自分の嫌なところばかりが気になり出します

そして そんな風に仕事をしているとミスをしたり 覚えられることも覚えられなくなったり 行動力も落ちてきます

頑張って自分を奮い立たせて元気に振舞ってみても  一度ガツンと指導された時には 頑張っていた反動でさらに落ち込みます…

負のサイクルの出来上がりです 笑

 

 

 

こんな毎日が続いた時期の事も 今では

必死に仕事をした

苦しかったけど逃げずに頑張った

という思い出に変わりました

そして いざ警察官を辞めると決めた時 この苦しかった事が 私は何でもできるという自信をつけてくれました

 

 

 

そして 警察官を辞めてから

関わった人たち 

仕事

は衝撃でした

 

一言で言うと

こんなに楽しいのか!

 

警察官として養った目があるので 危ない場所や人はきっと避けて通れていると思いますし!

仕事をする上で日々勉強が必要なのは どの仕事でも同じだと思いますが 私の場合 今の仕事の方がすんなり入ってきます

警察学校の時の勉強は 何回読んで 何回書いて 頑張って頑張って暗記しようと努力しても全く頭に入ってきませんでした

でも 今はどんどん入ってくる!

本当に 人には向き不向きがあるのだと感じました

これは 仕事面でも同じで

教えていただいたことをすんなりできるかどうかも 全然違います

警察官の仕事は 頑張ってやっていましたが

今の仕事は楽しく動いていると 気がつくと終わっています

 

きっと

仕事の内容

一緒に仕事をする人

などの理由もあると思いますが

1番違うのは 私の吹っ切れたこの気持ちだと思います

0からのスタート 

もう頑張るしかない

あと もう一つ

警察官として今も働き続けている人たちに 警察官を辞めても こんなに楽しい人生が待っていたという事を証明したいというのもあります

 

警察官を辞めるとき

仕事が決まっていたわけでもない

警察官という身分から 無職になる私を見下していた人達もいるでしょう

そういう人たちを見返したい

 

私は〝警察官〟になりたかった訳ではないのです

やりたい事をするためには警察官にならなければ出来なかっただけ

やりたい事をするための 1つの手段として 警察官を選んだだけなのです

 

なので 警察官に向いていなくても不思議ではありません

でも 元いた場所の方が今より良いなんて悔しすぎるし 納得いきません

どこの誰が何を思おうと関係ありませんが

私自身が 警察官の誰よりも 幸せだと思える生活がしたいのです

 

 

今のところ 辞めて後悔はありません

悔しい事や不安もありますが何より楽しいし

警察官より自分に合っている事が出来ていると思います

何年後かには 今を生かした新しい挑戦をしようと企んでいるところです

警察官を辞職後 仕事の面接

私は 次の仕事を決めてから警察官を辞めたわけではありません

なので 辞めてすぐに 仕事を始めるために 何個かの面接に行きました

そこでのお話です

 

まず 私は体育会系ではなく ガツガツ自分を出していくのは苦手な性格です

今もそうですが 警察官になる前は特に人見知りが激しく 初めて会った人とはまともに話せませんでした

 

警察官は ご想像通り体育会系

警察学校でも

常に大声

常に駆け足

の生活

最初の交番勤務では人見知りなんて言っていられないので 本当に苦労しました

声をかけても 緊張で言葉が出てこなくなったり とっさに質問されてあたふたしたり…

こんなお巡りさん頼りなさすぎる

変わらないと 私が行く現場の人は不安になってしまう

と思い空いている時間は 手当たり次第 一般の方に声をかけました

これだけ声をかけ続けると だんだんと 普通に話せるようにもなってきます

それでも 話している途中に

表情が硬い

とか言われていました

私は全然普通に話しているつもりなのに そんな風に言われると 自信がなくなります…

 

 

そして 今日の本題!

仕事の面接の際 面接をしてくださった方から言われた事です

 

ある程度話が終わったころ

あなたはきっと謙虚で ガツガツ前に出るタイプでは無いですよね

と言われました

きたー…

これは不合格のパターンだ…

 

そして話は続きます

自分たちの会社はチームワークを大切にしています

自分が自分がとガツガツ前に行く人を欲しい会社は沢山ありますが そういう人が集まるとデメリットもあります

社員が競争し始めて 雰囲気が悪くなることもあるのです

この会社ではそういう人は求めていないので 他所の会社に行って上を目指して貰ったらいいと思っています

この会社では1人が出来ればいいとは考えていません

みんなでいい雰囲気づくりをし みんなで伸びていくことが大事だと思っています

 

 

そして

 

 

この会社は 社員同士の雰囲気も大切にしているので あなたはきっとみんなと仲良く出来ると思いますし そういう人材を求めています

この会社で働くと楽しいと思いますよ

 

と!!!!!

今まで そんな風に言ってもらったことはありません

いつも どれだけ私が頑張ってもそれが伝わらず  積極性がないと言われていました

本当に本当に嬉しくて

捨てる神あれば拾う神あり

だと思いました

 

ずっと誰かと話していると慣れてきて 話せるようになるのですが ちょっと話さない日が続くと また少し戻ってしまうので この面接も少しカタコトかなと思う節はありました

なので もちろん 私自身 もっともっと変わる努力をするつもりです

でも 私は今まで 自分は変わらなければ必要とされないと思っていたので 私に合う場所がある事がとても嬉しかったのです

こんな風に言ってもらえたら ますます頑張ろうと思えます!!

私 頑張ります!!!

 

 

因みに 

私が初めて受けたアルバイトの面接は本当に悲惨なものでした 笑

結果はもちろん不合格 笑

自分としては 本気で頑張って受け答えしたのですが ガチガチで…

通りたいと思っていましたが

今 客観的に思い出しても あんな子を採用すると 指導が大変だろうと思います

なので 私が 初めてバイトをしたお店には本当に感謝です

扱いにくかったと思いますが 本当に良くしていただいて

すごく成長させて頂きました

 

 

これからも しっかりと自分を見て 周りの人はどんな人を必要としているかを考えて

難しいですが 少しでもその理想に近づけるように努力していきたいです

警察官から見た電車事故

最近は交通事故が多いですが

今回は電車の人身事故についてのお話です

 

少し生々しい話もあるので 苦手な方は読むのを控えていただけたらと思います

 

電車の人身事故があった時 警察官も現場臨場します

電車の関係の方ももちろん来られて

一緒に現場検証です

 

電車の事故は

酔っ払いが電車に接触した

自殺

動物

などいろいろありますが

 

人が跳ねられた場合

確実に命はありません

 

本当に悲惨な最後です

 

電車は止まり

警察官がバラバラになったこ遺体を集めて回ります

全部探すのですが全て見つけるのに相当な時間がかかる事もあります

私が現場に行った時は カラスも来ていて 追い払ったりもしました

 

 

そして 事故を起こした後 残されたご遺族も悲惨です

 

これは噂話で本当かどうかは定かではありませんが 電車を止めると時間単位ですごい大金を賠償しなければならないとよく聞いていました

 

自殺を決めた本人は それどころじゃないくらいに追い込まれて 最後の勇気を振り絞って亡くなられるのだと思いますが ご遺族も その時間電車を利用しようとしていた人達も 巻き込む事になります

 

どの自殺なら良いと言うわけではありません

どんな形でも自殺した人を目の前に よかったと思っている人を私は見た事がありません

 

自殺する勇気があるなら何でもできるだろう

とよく言われますが 実際は 誰にも相談できないから 我慢して我慢して 我慢が限界になり 亡くなるのだと思います

家族に心配をかけないように 頑張って身元を隠して亡くなる方もいらっしゃいます

ご家族は亡くなられた方が悩んでいた事すら気がつかなかったという場合もありました

それは家族に心配を掛けないように必死に振る舞った結果なのだろうと思います

 

でも やっぱり 自殺を考える前に その後の事を考えて欲しい

 

心配をかけないようにというのは 素敵な優しい方なのだと思いますが そんな優しい方が亡くなったら

残された方は

どうして相談してくれなかったのか

何に悩んでいたのか

いろんなことを考えて ずっとずっと苦しむのです

 

なぜ今日この話をしたかと言うと 今の会社で 電車に跳ねられた人を目の前で見た事があるという話を聞いたからです

その際パニックになる人 過呼吸になる人が続出し 話してくれた人も目の前に手が飛んできてトラウマができたそうです

私も 電車事故の現場に臨場しご遺体を集めたことを思い出しました

 

 

警察官だって綺麗なご遺体すら見るのが苦手な方もいるんですよ

人間ですから

それでも誰かがやらなければいけないから 頑張っているんです

 

 

そして 私が警察官時代に上司から言われた言葉があります

人は誰にも迷惑をかけずに死ぬことなんて絶対にできない

だからこそ必死で全力で生きなければならないのだと

 

迷惑をかけずに死ぬ事が出来ないのは警察官になって見に染みて分かりました

家で自然に亡くなっても 警察官はご自宅に伺うのです

普通に生活をしていると なかなか気がつかない事だと思いますが 生きていても 死んでからも 絶対に誰かのお世話になるのです

だから私も 今を一生懸命に生きようと思います

 

 

 

 

いい香りのする女性

私は週に半分以上はバスに乗っているのですが 毎回同じ時間に乗っていると バスを利用している人もお馴染みの顔になってきます

 

私は女ですが 綺麗な人を見ると憧れのあまりかなり見入ってしまいます

 

バスにいつも乗ってくる方の中にも綺麗な女性がいてその女性は

どんな服を着ているのかな?

どんなメイクをしているのかな?

どうしてこんなに女子力が高く見えるのかな?

と毎回観察してしまいます

 

そして今日!

その女性が私の横を通った後 すごくいい香りがしたのです!!

きつめに香水をふって公共の乗り物に乗ってくる人はあまり好きではないのですか

本当にいい香りがしました

 

 

観察結果は毎回不明で

結局私は 憧れているだけ

何も変えられないんです…

 

それでも私もいつも憧れだけはありますし

いつかこの女性のようになりたいと思っています