出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

性犯罪とは

少し想像してみて欲しいことがあります

あなたは見ず知らずの人に 自分の初体験を話すことができるでしょうか?

最初から最後まで

感じたことや話したことすべて

 

 

 

文頭から突拍子も無いことを書いてしまいましたが 性被害にあった人の辛さを少しでもわかってもらいたくて こんなことを書きました

すこし極端な例ではありますが もしも強制性行(強姦)の被害に遭えば これを実際に行うことになるのです

初めて会った警察官に 自分の身に起きたことすべてを話すのですから

 

まず この事を頭の片隅に置いて 今日の記事を読んでもらいたいと思います

 

 

性犯罪と一言でいっても色々あります

被害者は女性が多いですが 女性だけでなく男性も被害者になり得ます

そして性被害は他の犯罪に比べて 被害者が誰かに話しにくい犯罪だと思います

聞く側もどこまで聞いていいのか難しく 話されても困るという人もいます

 

例えば

通りすがりの人に殴られて怪我をした

こんな出来事があれば 友人に話す人が多いと思います

仕事帰りにこの通りを通ってたら 知らないおじさんが向かってきたんだ!

聞く側も

えー!急に来たの?!

大丈夫だった?

どんな人?

警察には話した?

それから?それから?

警察を呼ぼうものなら聞く側も興味津々で話は盛り上がると思います

 

ですが 性被害の場合はどうでしょうか?

急に体を触られた 

強制性行(強姦)の被害にあった

スカートの中を撮られた

口にするだけで勇気がいりますし 凄く重たい空気になります

もちろん 暴行事件でも 笑い事ではないですが 言いづらさでいうと 圧倒的に性被害の方が言いづらいと思います

なので 性被害は警察への届出がされないまま 被害者が一人で耐えているケースが少なくないのです

 

だから もしも身近に被害に遭った人がいて 必要とされた時には話を聞いてあげて欲しいと思います

そして 出来るだけ警察にも届出て欲しいです

 

 

性被害の被害者は自分を責める人が多いです

あのときもっと早い時間に帰宅しておけば…

あんなに暗い道を通らなければ…

スカートをはいていなければ…

でも 被害者は全く悪くありません

夜に外を歩いてはいけないなんてそんな訳ありません

街灯がない道なんて沢山あります

可愛い服が好きで スカートを履くのもみんなやっている普通のことです

何一つ悪くありません

なのに 自分を責めてしまうのです

 

被害にあわないように対策をするのは大切です

夜に短いスカートで路地を歩くよりはズボンで大通りを通った方が安全だとは思いますが いつもできるわけではありません

 

 

被害者の話を聞く時にかけてはいけない言葉があります

・無事でよかったね

→被害に遭ったのに良かったと言われるのが辛い

・〇〇よりマシだよ

→充分辛いのに 誰かと比べても辛いものは辛い

・そんなの忘れちゃいな

→忘れられられないから辛い

などなどもっと注意点を教わりましたが こんなこと考えていたらかける言葉がなくなります

なにも言わずに寄り添うだけで充分と言いますが 元気付けてあげたくなるものです

私は心からその人を心配して寄り添ってあげる事ができたら すこし間違った言葉をかけてしまっても仕方がないと思います

カウンセラーでもないので…

 

私も何度も被害者の話を聞きましたが かける言葉が見つからず パニックになっている被害者を安心させてあげることすらできたとは思っていません

自分の無力さに涙が止まらなかったこともあります

被害者の家族からも

犯人を捕まえてください

犯人を殺してやりたい

と真剣に訴えられると 人ごととは思えませんでした

今でも捕まえられなかった犯人たちが平気で日常生活を送っています

本当に生きている価値もない人間だと思います

いくら被害者が怖かったと言っても その『怖かった』の言葉が犯人の知っている『怖かった』と全く違う意味なのだと思います

被害者の言う『怖かった』が分かる人ならそんな酷いことできる訳がありません

 

犯人には何を言っても無駄です

反省もしないので

一生刑務所に入っているか

名前も顔も公にして この人に近づくと危険ですと注意喚起をする

これくらいはしてもらいたいです

何も考えずにぼーっと歩かない

 

『私は何も考えずにぼーっと歩かない』

 

私が刑事さんと雑談をしていた時に刑事さんから出てきた一言です

 

被害にあった事がある方はもしかすると不快に思われる内容かもしれません

でも 人それぞれのとらえ方なので 大目にみてください

 

 

この言葉が出てきたのは ひったくりの話をしている時です

当時ひったくりが続いており パトロールにもよく出ていました

そんな中で

被害者も被害者だ

ぼーっと歩いているから被害に遭うんだ

と刑事さんに言われたのです

どうしてそんな事が言えるのか

被害に遭って間もない状態で悲しむ姿を見ているのに

被害者はただ歩いていただけです

被害を誘発させたわけでもありません

ただ日常生活を送っていただけ

悪いことなんて全くないのです

 

ですが 続けてその刑事さんは

私はいつも鞄は自転車かごに入れないし

道路を歩くときは 鞄は人とすれ違わない方の肩にかけている

私は何も考えずにぼーっと歩かない

そう言われました

逆に こんなに強気な言葉は 自分自身がしっかりと対策をしていないと言えないのだと思いました

 

私は少しモヤモヤした気持ちを残しながらも刑事さんの

被害が続く苛立ち

みんなにもう少し危機意識をもって生活してもらいたい

などという複雑な気持ちから出た言葉なのだと感じました

そして 職業柄 被害を身近に感じるからこそ自分の生活に活かしているのだとも思います

 

 

あえてもう一度言います

被害者は何一つ悪くない

でも 被疑者がいる限り自分の身は自分で守らなければなりません

そのために どんな工夫ができるのかを考えなければなりません

 

お巡りさんにノルマはあるの?

 

ないです!!

 

 

交番勤務時代は交通切符を切るたびに

ノルマのためか!!

とかよく言われていたんです

でもノルマなんて全くないんですよ

 

ただし順位は出てました

若手は特にやる気満々なんで 上位を狙うんですよね

だから めちゃくちゃ頑張るんです

交通切符に限らずいろいろと頑張るんです!!

 

ちなみに 大きな事故などが起こったりすると 交通取締りの強化が指示事項になり 取締りや危険な運転をしている人への声かけなどをせざるを得なくなります

警察官を辞めたい〜実行に移すまで

私は警察官を辞めたわけですが 辞めるに当たって私がやった事は大きく分けて3つ

1 上司に辞職の意思を申し出ること

2 今までお世話になった方にお礼の連絡を入れること 

3 仲の良い同期に報告すること

です

 

1番身近な上司への報告は なかなか勇気が要りました

後には引けなくなりますし 私みたいな役立たずでも 人数ではひとりとして数えられます

私が抜けると人が足りなくなる仕事も出てくることはわかっていました

なので報告の前は 迷惑をかけることをこれから始める事に対して どのタイミングで言いだすのが一番スムーズかと悩んで悩んで悩みました

しかし そんないいタイミングはないのです

言い出さないままいると 私を育てようとしてくださる方が沢山の仕事を教えてくださいます

講習にも推薦してくださいます

辞めたいと思いながらそんな前向きな事に取り組むのがとても辛く そして何よりもったいないと思いました

私が行く事でひとつ枠が埋まります

もっとやりたいと思う人がいるのに 辞めたい私が行くなんて申し訳なさすぎる

そう思うようになって 決心がつき上司に報告しました

 

今までお世話になった方への連絡は ある程度自分の中で辞める目処がついてから報告しました

なぜなら ぶれないように

意思は固かったのですが 今まで相談に乗ってくださった方や 私が辛いときに気にかけ応援してくださった方は 私の言葉をしっかりと聞いてくださいます

そんな方々に不義理な事をするという気持ちが常にありました

もしあと少し頑張ってみたらどうか と言われると言われるがままもう少しもう少しときりがなくなりそうでした

なので ある程度予定を自分の中で決めて 事後報告にしたのです

 

最後の同期への報告もほぼ決めてからの報告です

私の中では軽く伝えて終わろうと思っていたのですが すごく真剣に話を聞いてくれました

ほぼ辞めることは決めていてそれも伝えたのに

この人には相談しておいた方がいいとアドバイスをくれたり

自分の話をしてくれたり

私の性格を分かって頭ごなしに止めるのではなく しっかりと話を聞いてくれました

直接話したのに 電話でも話をしました

本当にいい仲間に出会えたと実感できました

でも この同期への報告で私の心は決まりました

お世話になった方へ報告するとぶれるかも知れないと思っていた気持ちも完全に固まりました

 

そうと決まれば 辞める話は私が進めるだけです

全く引きとめない人もいましたが 引きとめてくださる方もいました

なので 私が上司は申し出てからかなりの時間がたっていたのです

このままだと また辞めるタイミングを逃してしまう

もう時期なんて言っていら段階ではないので 最後は強引に進めたのです

若い女性警察官に指紋をとってもらいたい

ドラマなどでもよく登場する指紋

 

実際には 現場で物から指紋を取るだけではありません

人からもとります

そして 犯罪者だけが指紋を取るわけでもありません

 

現場に残された指紋の中にはそこに住んでいる人やそのものの持ち主など 指紋がついていて当然の方ももちろんいます

その方の指紋もとらせてもらって 現場で見つけた指紋と照らし合わせ 誰にも該当しない指紋が もしかすると犯人のものかも…ということになるのです

そしてもう一つ

前科のある犯人の指紋と合致する場合です

 

このように 捜査に役立てるために 犯人として逮捕されれば 皆さんのイメージ通り写真や指紋などを取るのですが その際 自分の立場をわきまえない奴らは 男性警察官が手を持って指紋をとっていると

そこの若いお姉ちゃんにしてほしいな

とニヤニヤしながら言ってくるのです

私はなんでもやりたかったので指紋を取る作業をしたいと思うのですが 犯人の思いと通りというのが 心底納得がいっていませんでした

 

悪いことをして捕まっているくせに

女性に手を触ってもらいたい

その気持ちを口にする

女性警察官をお姉ちゃん呼ばわりする

 

おまえは何故ここにきているのか分かっていないのか!!

といつも言いたいのをこらえていました

 

男性の犯人はこういった奴らがかなり多いです

こんな言動をする奴が反省しているわけないと思います

 

なので私が指紋を取るときにニヤニヤしている奴は あえて素っ気なく 必要最低限の言葉と態度で作業をしていました

 

 

このエピソードに関連して私が警察官になって少し驚いた事があります

それは 警察官が被疑者に対してむやみに厳しく接しないこと

私はドラマのイメージしかなかったので 取り調べは笑顔なんて一切なし

雑談もなし

常に警察官は上から目線で厳しく接する

と思っていました

ですが 被疑者にも人権があるらしく 頭ごなしに厳しくしたりはしません

なので被疑者が女性警察官に ニヤニヤしながら話しかけてくるなんて当たり前です

こんなことを被害者が見たらどう思うか

そう思うと私は優しくはできませんでした

 

被疑者の心を開かせて 犯行状況などを詳しく聞き出すには笑顔も雑談も必要なことは 先輩方を見ているうちに分かってきました

相手も感情を持った人間

力で押さえつけるだけではどうにもならないのです

 

 

ですが

警察官を辞めた今だから本音を言ってもいいですよね?

今からは元警察官ではなく 全くの一般人の独り言です

 

被疑者に人権なんていらないと思う

中には交通事故のように 全く悪気がなく起こってしまうものもありますが ほとんどはしっかりと犯罪である認識がありなが 行動にうつているじゃないですか

被害者は何も悪い事をせずに 普段通りの生活をしているだけ

狙われる理由もない

そんな人の人権を奪って

普通に生活しているだけの人を被害者にして

消えることのない悲しい記憶をつくって

そんな犯人に人権なんて必要無い

被害者は被害の記憶を忘れられないのです

自分に落ち度があったと自分を責める被害者も珍しくありません

家族も同様 被害者を心配し 何がいけなかったのかと考えます

いけないのは犯人なのに

そんな被害者を見ると 被疑者なんてどうにでもなれと思ってしまいます

 

 

だいぶ話が今日のお題からそれてしまいましたが 結論として

私は犯人の反省しているという言葉は信じられない

という事

何も犯罪を犯さずまじめに生きて 死んだ時にやっと あの反省は本当だったのかなと思える程度です

犯人が死ぬまではまじめにしていても

今のところ我慢している

というだけのこと

むしろ被疑者にはこれくらいの気持ちでいてほしい

自分は油断すると犯罪を犯してしまう人間なんだ

普通の人は我慢できることが自分にはできない

自分は危険な人間なんだ

と日々自分に恐怖を持ちながら 自分の性格を自覚して性格してもらいたいです

 

ずぼらが料理を!キャベツのサラダ

最近はまっているサラダをごか紹介します

 

材料は

キャベツ

人参

きゅうり

など

コーンや ゆで卵を粗めに潰していれても美味しかったです

 

材料を千切りにして そこに

あらびきマスタード:はちみつ:マヨネーズ

1:1:5

くらいで入れて混ぜ合わせます

以上!!

 

すっごく簡単!!

あっという間にできます

冷蔵庫で2〜3日は持ちますし

野菜があまりないときは キャベツだけで作ったりもします

野菜不足になっていると思った時も これならどんどん食べられるし たくさん食べても野菜なので罪悪感もありません

 

簡単なので 是非お試しあれ

拳銃の危険性

また 警察官を襲う事件が起こりました

なぜ警察を襲うのか

なぜ拳銃が欲しいのか

なぜ人を刺せるのか

疑問しかありません

 

 

少し前には警察官が 刃物を持って向かってくる男に発砲するニュースもありました

 

私自身何年も交番で勤務した経験があり 現在も私の同期やお世話になった方々が警察官として勤務しているので こういったニュースは今だに他人ごととは思えません

交番勤務だった頃は

こういう時自分ならしっかりと対応できるだろうか

被害は最小限に抑えられるだろうか

もしも怪我人が出たら応急処置はできるだろうか

優先順位をしっかりと判断して動けるだろうか

犯人に負けずに立ち向かえるだろうか

と不安は尽きませんでした

この発砲事案は 刃物を持った男とのやりとりの映像までニュースで放送されていたことに驚いたと同時に 対応した警察官のお手本のような対応に 本当にすごいと思いました

 

警察官は日頃から体を鍛えて

拳銃の取り扱いについても訓練をし

いろんな想定で対応できるように準備はします

 

でも 実際にはそんなに上手くいくはずがありません

上手くいくはずがないでは済まないのですが 犯人も死ぬ覚悟で攻撃をしてくるわけですから 上手くいくとも限りません

正気を失った人間はとんでもない力で想像もつかない動きをします

徹夜で働くことも珍しくない警察官が少しも気を抜かずに勤務するなんて不可能です

その 気を抜いた瞬間に襲われれば尚更危険な状況になります

 

 

こういった危険な状況がもしも目の前で起きた時 一般の方が出来る事は 

不審者から出来るだけ離れる

野次馬には絶対にならない

110番通報をする

もしも刃物を振り回しているような人がいたとき 警察官は発砲の必要があれば発砲しなければなりません

そんな時に周りに人がいるとその人たちに流れ弾があたったり 撃たなければいけない時にタイミングを逃して 死傷者がでる恐れもあります

必ず自分の身の安全を第一に考えてください

 

 

 

 

今回刺された警察官は体だけでなく心にも大きな傷を負ったと思います

この警察官の心の傷がトラウマにならないよう 元通りの生活が出来るよう心から願っています