出発の時間がきた

元女性警察官が語る警察事情と第二の人生

拳銃の危険性

また 警察官を襲う事件が起こりました

なぜ警察を襲うのか

なぜ拳銃が欲しいのか

なぜ人を刺せるのか

疑問しかありません

 

 

少し前には警察官が 刃物を持って向かってくる男に発砲するニュースもありました

 

私自身何年も交番で勤務した経験があり 現在も私の同期やお世話になった方々が警察官として勤務しているので こういったニュースは今だに他人ごととは思えません

交番勤務だった頃は

こういう時自分ならしっかりと対応できるだろうか

被害は最小限に抑えられるだろうか

もしも怪我人が出たら応急処置はできるだろうか

優先順位をしっかりと判断して動けるだろうか

犯人に負けずに立ち向かえるだろうか

と不安は尽きませんでした

この発砲事案は 刃物を持った男とのやりとりの映像までニュースで放送されていたことに驚いたと同時に 対応した警察官のお手本のような対応に 本当にすごいと思いました

 

警察官は日頃から体を鍛えて

拳銃の取り扱いについても訓練をし

いろんな想定で対応できるように準備はします

 

でも 実際にはそんなに上手くいくはずがありません

上手くいくはずがないでは済まないのですが 犯人も死ぬ覚悟で攻撃をしてくるわけですから 上手くいくとも限りません

正気を失った人間はとんでもない力で想像もつかない動きをします

徹夜で働くことも珍しくない警察官が少しも気を抜かずに勤務するなんて不可能です

その 気を抜いた瞬間に襲われれば尚更危険な状況になります

 

 

こういった危険な状況がもしも目の前で起きた時 一般の方が出来る事は 

不審者から出来るだけ離れる

野次馬には絶対にならない

110番通報をする

もしも刃物を振り回しているような人がいたとき 警察官は発砲の必要があれば発砲しなければなりません

そんな時に周りに人がいるとその人たちに流れ弾があたったり 撃たなければいけない時にタイミングを逃して 死傷者がでる恐れもあります

必ず自分の身の安全を第一に考えてください

 

 

 

 

今回刺された警察官は体だけでなく心にも大きな傷を負ったと思います

この警察官の心の傷がトラウマにならないよう 元通りの生活が出来るよう心から願っています

 

英語勉強宣言!その後…

英語勉強宣言!の最期の記事から早1ヶ月以上が経ちました

 

海外ドラマを見ていたのですが 無事最後まで見終わりました

面白くてハマってしまい 一気に見られました

 ところが 話に夢中で 日本語字幕に集中してしまい 英語が耳に入ってきませんでした 笑

字幕で見てから字幕なしで見るつもりが続きが気になってどんどん字幕付きで見てしまい 英語の勉強どころではありません 笑

 

これから2周目に入り 英語に集中して見直そうと思います

敬礼!〜ほっこり小話

今回もほっこり小話です

 

警察官と言えば 制服!

制服を見ればお巡りさんだと直ぐに分かります

交番勤務では その分かりやすい制服を着て 単車や自転車に乗り活動することが沢山あります

 

 

警らの途中 信号待ちをしていると 小学生たちが前を横切ります

小学生たちは何故かいつも行列になって行動しています

その時そのうちの1人が私に気がつきました

あっ!お巡りさんだ!!

その男の子は元気に

お疲れ様です!!

と言い私に敬礼をしてきます

微笑ましいなと思い 私も敬礼で返すと 大喜びして 周りにいる子もみんな

お疲れ様です!!

と元気に敬礼をしたり 照れ臭そうに敬礼をしたりしてこちらを見ながら横断歩道を歩いています

かわいいし とても喜んでくれるので しっかり返すのですが こういった状況になると きりがなく 信号が変わるまで続くこともあります 笑

 

しかも自慢気に

お巡りさんって敬礼すると返してくるよ

とすごく嬉しそうに友達に教えています!

この敬礼地獄の原因を発見する瞬間です 笑

 

でも 子供達が元気に挨拶してくれるのはとても嬉しいことですし こちらもとても元気が出るので 今でもすごくいい思い出になっています

あとは 警察官の方ばかりを見ずに もう少し前も見て安全に歩いてくれると安心なのですが…笑

 

自殺に失敗した結果

犯罪を犯した人の中には 精神的に病んでしまっている人も少なくありません

分かりやすいところだとリストカット痕が多数あったり…

 

その中でも私が印象的だったのは 足がない被疑者です

前置きをしておきますが

自殺を実行に移したからといって犯罪を犯しても良いなんて思いません

可哀想な人だから仕方がないとも微塵も思いません!

その被疑者はまだ若い女

どうしたのかと聞くと

自殺したくてマンションから飛び降りたけど死ねなかった

飛び降り自殺に失敗して足を失った

とのこと

 

それまでは自殺なんてする勇気があるなら どんなことでもできるだろうと思っていましたが 実際に失敗して生きている人を見ると 考えも少し変わりました

辛くて辛くて死んだ方がまし

そう悩み始めてから死ぬ方法をいろいろ考えて実行に移す

本気で死にたいと思えば 何も怖くないと思う方が自然なのかも知れません

それでもやはり 私は自殺はするものでは無いと思います

 

失敗した時の代償が大きすぎる

    足が無くなるだけでは済まないかも知れません

死ぬことが出来ても出来なくても家族や友人はとても辛い

    死んだ後は必ず家族がご遺体を見ることになるのです

    詳しく説明しなくてもご遺体を見た人がどんな表情になるかわかると思います

 

 

どうしても辛くて死にたくなったら 今いる場所から逃げればいいのです

真面目な人ほど責任感が強くて逃げられないと思います

が!

死んだと思って逃げてみてください

身近な人に一言言って

本当はダメですが そこまで追い詰められているなら 職場や学校に連絡せずに消えても仕方がないじゃないですか

人間関係で悩んでいるなら知り合いのいない遠い場所へ

ひとりで寂しいならアルバイトなどを探して自分が休めば誰かが気付いてくれる そんな席を作ればいいと思います

金銭面は苦しくなると思いますが 選ばなければ 仕事なんていくらでもあります

仕事にこだわりたいなら ある程度気持ちや生活が落ち着いてから仕事を選びなおしても遅くは無いです

まずは 何も考えず自分らしくいられる場所で 自分でお金を稼いで とにかく生きてみる

慣れてくればやりたい事ややりたく無い事が見えてくるのではないでしょうか

 

自分を傷つけてもそう簡単には死ねません

傷つける事に慣れてしまうだけです

楽しく生活が出来るようになっても 自分に残った自殺の痕を見るたびに辛い過去を思い出さざるを得ない状況ができてしまいます

 

今辛い思いをしている方

みんな楽しそうに生活しているように見えますが

その人は辛いのに楽しい振りをしているだけかも知れません

過去に本気で自殺を考え その時期を乗り越えてきたかも知れません

自殺は私が思っていたよりとても多く とても身近にありました

同じ思いをしている人はたくさんいます

周りに頼ってみると気持ちを理解してくれる人がいるはずです

パトカーのお巡りさんの粋な計らい!!

小さい子たちの憧れ パトカーのお巡りさん!

もちろん 大人になってからでもカッコよく見えますが 特に幼い頃は正義のヒーローだった方も多いのではないでしょうか?!

 

 

私が交番勤務だったときのほっこりしたお話です

 

 

最初にパトカーについて…

パトカーには二種類あって パトカーの屋根に付いている赤色灯が持ち上がるものと 持ち上がらないものがあります

少し説明が難しいのですが 交通事故などがあったときに 事故車両の手前に止まって 赤色灯がウィーンと持ち上がった状態で止まっているのを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません(「事故」と書かれて光っているワゴン車とは別です パトカーです)

 

 

 

ある日 パトカーが交番に来ました

トイレ休憩などで 交番に寄られることがあるのです

そして交番の裏の喫煙所で パトカーのお巡りさんがタバコを吸っていたときのことです

小さな男の子がパタパタパタッと走ってきて 後ろをゆっくりついてくるお母さんに

パトカー!!

と嬉しそうに叫びました

子供はパトカーを見るだけでこんなに嬉しいんだと 微笑ましく見ていると タバコを吸っていたパトカーのお巡りさんが パトカーを触りはじめ赤色灯をウィーンとあげてあげたのです

パトカーを見られるだけで喜んでいた男の子はもう大喜びです!

本当に素敵な時間でした

 

 

警察官は普段 感謝をされたり苦労をねぎらってもらったりすることはあるのですが なかなか喜んでもらうことが少ない気がします

みんなの安心安全を守る仕事といっても 普通に生活していると何もなくて当たり前ですから 何も起こっていないときに防犯活動や交通取締りをしていても むしろ少し邪魔だと思う方も多いのではないでしょうか

警察官の仕事は犯人を捕まえて感謝してもらったとしても 被害者は被害にあった時点で悲しい気持ちになっているはずです

悲しいから始まる嬉しさはなんとも喜びにくいです

 

今回のエピソードで登場した男の子を見たとき 警察官の仕事も 単純に人を喜ばせてあげられるときがあるのだと嬉しく思いました

サバイバーズギルト

今日 テレビのニュースで

サバイバーズギルト

という言葉が出てきました

 

意味は

事件や事故 災害などで周りの人が亡くなる中で助かった人が 自分だけが助かったとに対して抱く罪悪感のこと

だそうです

 

例えば電車事故

隣に座っていた方は亡くなったのに自分は生きている

この状況を その人が亡くなったのは自分のせいとさえ思ってしまうそうです

 

 

この言葉自体私は知りませんでしたが この状態にある人を見たことがあります

 

その人が無事でいた事は凄く良かった事なのに 周りにある状況が悪すぎて 自分が無事である事に罪悪感を感じる

まさしくこれです

その人は全く悪くない

自分を責める必要は絶対にない

むしろ よく助かってくれたと 助かってくれてありがとうと言いたいくらいです

 

こんな罪悪感を一度持ってしまうと なかなか考え方を変えることは難しいと思います

ですが なんとか

その状況じゃ 自分は何もできなかった

できなくて当然だった

と全力で自分の気持ちを守ってもらいたいです

一歩間違えれば自分もどうなっていたか分からない状況だからサバイバーズギルトになるわけですから

充分辛い思いをされていると思います

 

必要によってはカウンセリングを受けるのもいいと思います

利用したことがなかったり 今まで関わりがないと カウンセリングと言うと少しハードルが上がってしまうかも知れませんが

話を聞いてもらう

それだけだと思うと 利用もしやすいと思います

知人や家族には心配かけたくないと思って話せないことも

初めて会う人で このカウンセリングが終わればもう会うことは無い

それくらいの気持ちで会ってみると ある程度なら気を使わず 言いたいことが言えると思いませんか?

 

 

 

どんな形でも 事件や事故 災害などに巻き込まれてしまった方が 少しでも早くもと通りの生活が出来る事を願っています

交通事件のニュースを見て思う事

先日まで交通事故のニュースが続いていました

 

交通事故は毎日必ず起こっています

無傷で終わるものは勿論ですが 怪我人の出る事故も毎日起こっています

ニュースにはなりませんが

 

そして 残念ながら 死亡事故もかなりあるのです

死亡事故は小さな新聞記事で終わるものもありますが 最近は子供に突っ込んでいくような事故があり 大きく報道されました

大人だから 子供だから ということはないと思いますが やはり悲惨な事故だったので大きくメディアに取り上げられたのだと思います

 

なのに 事故は止まない

さらに人に突っ込んでいく

 

どんな事故だろうと 当事者からすると大事なんです

大人が1人車に跳ねられて亡くなっても あまり世間に知られることはないですが

ご遺族の方々は警察署に泣きながら来られるのです

 

だからこそ 大きく報道された時には それを人ごとだと思わずに 自分に置き換えて見なければならないと思います

普段の生活で 交通事故について考える機会が少ないと思うので

 

警察官をしていて交通違反や交通事故を起こす人は また同じ事を繰り返す傾向があるのかなとは思いました

しかし ゴールド免許の方も 

いつもは安全運転なんだけど

と言いながら 違反や事故を起こしています

安全運転の自信があるからこそ 少し怖い部分もあるのです

 

交通事故を起こしたことがなくても

ゴールド免許でも

たった1回の事故で 人生が変わってしまうのです

 

アクセルとブレーキを踏み間違えた

居眠りをしてしまった

人が目に入らなかった

運転していてそんな事有り得ないでしょと思いますが

実際に起こっている以上 自分も人ごとではないのです

何十年もできていた事でも 1回でも出来ない事があってはならないのです

 

 

テレビや新聞には載らない事故はたくさんあります

最近 悲惨な事故のニュースが続いたのは初めに報道された事故がきっかけになったからだと思います

本当はどんどん発生している事故にスポットを当てるときりがありません

 

せめて毎日どこかで交通事故で死傷者が出ていることだけでも知ってください

全国どこへ行っても交通事故の無い暮らしを目指して頑張りましょう!!